News of What's Grindr ? (Grindr Japan Users Unofficial Site)

GrindrがUpdate 1.2をリリース

Grindr有料版、無料版、Update 1.2をリリース開始 (2010/04/02)
Grindr-Avatar-(App-icon).jpg変換候補が表に正しく表示されます
Version 1.2の新しい機能については以下のようになっているようです。
こちらで検証した内容やオマケを加えながら以下に詳細を記載します。


Whats new:
1. プロフィール画面でスクリーンをダブルタップすると画像のみの表示に変わります
 今までは画像の上の文字が邪魔で相手の画像を見えづらくなってしまう事もありましたが、本バージョンからは画像のみの表示が出来るので見やすくなります。

2. チャット画面で文字のコピー&ペーストが可能になります
 文字列の入力時にコピー&ペーストが可能になりました。
 同じようなメッセージを送ったりする時には便利かもしれませんね。
 でも、変な宣伝メッセージを送ることも出来たりしますので、へんな輩が出ないか心配ではありますが・・・。

3. チャットの入力時に横向きで入力が可能になります
 この機能は日本語も英語でも有難い機能になりますね。
 縦型オンリーだとキーが小さくて入力がしにくかったのですが、横向きで入力が出来ると格段に使い勝手が上がります。

4. 全体的な動作速度の改善。
 1.2からは画面の更新も速度が半分以下になりました。
 ログイン後の画像スクロールについても速度がかなり速くなっています。

5. Load More Guysが高速になります
 追加のメンバー表示の際にもアクセス向上がみられています。
 特に首都圏などでメンバーが集中しているエリアでもアクセスの速度低下は悩みのタネではありましたが、前のバージョンと比較しても格段に変わっています。

6. 起動速度が向上しました
 ログインするまでの時間が1.1では遅くなっていましたが、本バージョンからはログインの速度は格段に向上しています。
 前バージョンの半分以下でメンバー一覧が表示されているようです。

7. 従来からのバグの修正など
8. 動作時の安定性の確保
 潜在的に残っていたバグの修正が行われています。
 以前より問題になっていた多言語キーボード設定のトラブルも今のところ管理人の環境では確認できていません。
 無料版の広告表示のタイムアウトについては、まだ残っていることを確認しました。
 多少は、落ちる現象も少なくなるかもしれません。

9. 2バイト文字(全角文字を使用する、日本語、韓国語、中国語)
 今まで開発元でも確認が遅れていた日本語変換時の候補バーが入力画面の裏側に回りこんでいるトラブルは、本バージョンでようやく改善が行われました。
 当サイトからも画面のキャプチャーなどを開発元に何度も送って説明した甲斐がありました。
 変換候補の選択が出来なくて何度も入力をし直していた問題も解決しました。

前バージョンとの違いは?

○スワイプ機能を高速化するための設定が用意されました (有料版のみ)
 これは、メンバーのプロフィール画面で指で左右にスライドすると前後のプロフィール画面に切り替わる機能なんですが、画面のダウンロードを先付けて行うことで動作を高速化する設定となっています。
 ただし、ダウンロードをバックグラウンドで行うために、3G回線での利用は避けたほうが良いと思われます。
 実際に試してみたところwi-fiでも遅く感じるようですから、3G回線ではフリーズしたような印象もありました。
 基本的に移動しながら使用する点から考えても、このオプションはiPhoneユーザーは特に設定を変更しなくても良いかもしれません。
 wi-fiが基本のiPod touchユーザーはオンにしておいても良いかもしれません。

○webアドレス入力欄がficebook専用になりました
 1.1ではwebアドレスの入力欄が用意されていましたが、その入力部分が「facebook」専用のアドレス欄に固定されています。
 管理人もこの機能は重宝していたのですが、残念ながら協賛などの関係でこのような対応となってしまったとのことです。
 mixiのアドレスなどを記載していた皆様はプロフィール欄に記載しなおすなどの対応をして頂く様にご注意ください。

●チャット入力時に改行が使えない
 これは改善なのか意味があるものかは不明ですが、改行が出来ない状態です。
 1.1では特に今までとの違いも無く改行が使えていましたが、1.2では有料版も無料版もどちらでも改行は入らない事を確認しています。
 開発元に確認していますが、何か理由があるのか??

今回の有料版は課金などのシステムの検証に時間がかかるようで、以前の1.1よりも時間を要していたようです。(別にiPadへの対応も原因と思われます)
結局、1週間遅れで4月2日にリリースが実施されました。

GrindrがUpdate 1.1をリリース

Grindr XがUpdate 1.1をリリース開始 (2010/01/19)
Grindr-Avatar-(App-icon).jpgPushメッセージのバックグラウント受信機能が搭載されました
名称も「Grindr X(tra)」と改定されたようです
Version 1.1の新しい機能については以下のようになっているようです。
こちらで検証した内容やオマケを加えながら以下に詳細を記載します。


Whats new:
1. プッシュ通信機能を搭載しています。(有料版のみ)
 Grindrが起動されていない場合でも、新しいバージョンではサーバーから相手のメッセージをプッシュ配信するので、スリープ画面の状態でも相手のメッセージが届いたことが判るようになりました。


2. GPS精度情報の表示機能を搭載。
 元々、誤差が多いGPS精度ですが、精度の誤差範囲を画面左下に表示します。


3. チャットの表示画面でも新しいメッセージが届くとアラームやバイブでお知らせします。
 この修正は今までは特に支障は無かったが、お知らせが確認しやすいことは良い事ですね。


4. 従来から残っていたバグ修正と動作速度の改善。
 日本語の候補チップが背面に表示されるバグはまだ改善されていませんでした。
有料版をご利用の方にご注意です


今回のバージョンから有料版においては初回の起動時から30日経過すると、追加のトップアドオンの購入が必要になります。
これは1/3/6/12ヶ月と350円からのプッシュ機能などの有料版のみの機能を利用維持するための追加課金を自発的に購入する必要があります。
なお、アプリ側で勝手に毎月課金されることはありません。
課金終了後に期限が切れてからでも追加購入は可能です。
12ヶ月分をまとめて購入すると2ヶ月分のサービスとなっていますのでお得です。


PUSHサーバーなど高価なシステムの管理維持のために高額な維持費が必要になるための対策ですので、便利な機能と引き換えに検討しても損なお話では無いと思います。


特にGrindrはGPSを利用するのでバッテリー消耗が早いです。
アプリを起動していなくてもメッセージが受信出来ますのでかなり便利です。